自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

ヨウ素[Iodine]

それは何でしょうか。

ヨウ素は甲状腺ホルモンを作るために必要とされる微量元素で、身体のすべての細胞の中で正常な新陳代謝を維持するために必要なものです。 報告書は、体で種々様々の状態をもつ人々を助けるかもしれない甲状の機能と無関係な他の重要な数多くの機能もヨウ素持っているかもしれないことを示唆するでしょう1。 ヨウ素に使用するこれらの他のものは、最小の研究に支援されるだけです。

それはどこで見られますか。

シーフード、ヨウ素添加食塩、および海藻―たとえば ケルプ(昆布、アラメ)には高容量のヨウ素を含みます。 加工食品はヨウ素添加食塩を加えられているかもしれません。 ヨウ素は、頻繁に乳製品で見つかります。 ヨウ素に富んだ土中でーまた育てられた野菜はこのミネラルを含んでいます。

下記状態でヨウ素が使用されました。

(完全情報に対する個々の健康懸念を参照してください)

科学格付け
健康関係
     
  • 新生児の幼年期知能(不十分な場合)
  • 甲状腺腫(ヨウ素欠乏を含む)
  • 注意欠陥―多動性障害(ヨウ素欠乏食の妊婦の子どものADHDを防ぐために)
  • 甲状腺機能低下症
  • 繊維性嚢胞の胸疾病

本質的な健康利益を示し信頼できて、比較的一貫した科学的資料。

矛盾している研究、不十分な研究、あるいは予備研究で健康利益か最小の健康利益を示唆します。 ハーブとして伝統的な使用に支援されているが、全く科学的証拠がないか最小です。 サプリメントは、科学的な支援はほとんどないかそして(または)最小の健康利益です。

誰が不十分でしょうか。

乳製品、シーフード 、加工食品およびヨウ素添加食塩をとらない人々は欠乏症になりうる。ヨウ素欠乏症は甲状腺腫 およびクレチン病を引き起こす場合があります。ヨウ素乏は今、西洋社会において珍しいが、米国の人口は1988〜1994.からのヨウ素摂取を著しく減少させる傾向を示しました2。この傾向が継続する場合にヨウ素欠乏症はより一般的になるかもしれません。 注 ヨウ素の必要量はどれくらいか(日本人)下記のようにいわれているが最近野菜魚を取らない人が多く、牛乳中に含まれる過塩素酸物質(オキシドールを含む)がヨウ素の吸収を妨げるため、妊娠中の欠乏を起こしているかもしれません。そのため学習障害児やADDなどが出ている可能性があります。

  • 日本人のヨウ素必要量
    ヨウ素が不足しても過剰になっても甲状腺腫になることを述べました。それでは、このような障害をおこさないためには、どれだけのヨウ素を摂取していればよいのでしょうか。
    1日に0.1mgの摂取で甲状腺腫は防げる
    ヨウ素欠乏による甲状腺機能障害をおこさないための必要なヨウ素量は、安全率を考慮にいれて、成人では1日0.1mg(100μg)と推定されています。子供の場合も必要量には大差ないといわれています。
    わが国ではヨウ素の所要量は定められていません。ヨウ素を意識的にとらなくても1日0.1mgを下回ることはほとんどないと考えられるからです。
    諸外国のヨウ素所要量
    米国ではヨウ素所要量は成人1日0.15mg(150μg)とされ、欧米諸国もほぼ同様のヨウ素所要量が定められています。
  • 日本人のヨウ素摂取量
    日本人は1日1〜4mgのヨウ素をとっている
    わが国では、海藻や魚介類をよく食べるため、普通の食生活をしているかぎり、ヨウ素が不足する可能性はまずありません。
    実際に、日本人は欧米人に比べてヨウ素摂取量は多く、平均して、1人1日当たり1〜4mgを摂取しています。
    ※藤田昌彦氏(国立公衆衛生院衛生薬学部長)を班長に、中沢裕之氏(国立公衆衛生院衛生薬学部室長)の報告にもとづいて作成しました。

<監修>健康情報調査検討委員会・委員長細谷憲政

 

どれだけ通常とられますか。

ヨウ素添加食塩の導入以来、ヨウ素栄養補助剤は不必要で、ほとんどの人々に推薦されません。 塩と海の海草を避ける厳密な 菜食主義者 のために、1日当たり150 mcgが一般に栄養補助されます。 この量は欠乏を防ぐのに適切で、より高い容量は必要ではありません。

副作用または相互作用がありますか?

高容量のヨウ素(1日当たり数ミリグラム)は正常な甲状の機能を阻害することができ、医師に相談せずにとるべきではありません3。

ヨウ化カリウムの栄養補助

(いくつかの皮膚病のために処方されました)は通常よく許容されますが特に甲状腺の問題で先の履歴のある人々の中で発疹、かゆみあるいは皮膚障害、胃腸症状あるいは 甲状腺機能低下症のような副作用を生産すると知られていいます4。
それは特にそのような潜在的な問題のために、ヨウ化カリウム治療の使用は医者によって監督されるべきです。平均の食事で約4倍の推奨量のヨウ素を取ることができます。敏感な人々にとって、ヨウ素のその量は 健康問題を引き起こすに十分な量であるかもしれません.5。甲状腺癌への可能なリンクが観察された健康問題を、ヨウ素に富んだ食事が消費されるエリア、6 7、そしてヨー素.で栄養補助する人口で観察されました8 9。しかしながらヨウ素の栄養補助が甲状腺癌の増加した発生率の原因であると結論を下す証拠不十分があります。何人かの人々はサプリメントのヨウ素に反応し、最初の徴候は通常にきび状の発疹です。
小さな非中毒性甲状腺腫(ヨウ素が不足していない範囲に住んで)でヨウ素の注射を受けた人々において、自己免疫の甲状の病の初期段階を暗示する異常な抗体のより高い発生率を持っていました10
ヨウ素欠乏を持った子どもはさらに 鉄欠乏性貧血 を持っているかもしれないし、また、この貧血は、ヨー素栄養補助の治療作用を阻害するかもしれません.11。
子供で鉄分栄養補助を受けているそのような子どもでの鉄分欠乏の修正は、甲状腺腫を扱う際に内服でヨウ素の効能を改善すると示された12
記述の時に、ヨウ素を備えた有名な薬物相互作用はなかった。