自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

減量

体重オーバー(肥満)

症状平均より20%以上重たい人

原因:
肥満は体脂肪の過剰:過剰に蓄えられた。消費カロリーより以上蓄えられたためおこる。
人間は平均30〜40億個の脂肪を持つ。その脂肪細胞が非常に多い。ある特別の脂肪を蓄えるため、特別な脂肪細胞を作るとき、脂肪細胞からその脂肪を除こうとしてもー生活で休息の間にー特別な脂肪細胞を保つといわれています。

貧弱な食事、脂肪の多い食事と運動の欠如などは体重オーバーの一般的な原因です。
他の要因は糖尿、低血糖症、内分泌腺の機能不全。倦怠感、緊張、食物への愛着は他の理由です。
他の要因は重要な栄養素の不十分な摂取と吸収です、そうすると脂肪が使われるよりも蓄積される原因となります。毎年米国では8300万人以上の人が減量のため食事や装置にお金を使っています。肥満は視床下部、下垂体、松果体、甲状腺、副腎、膵臓のホルモンのアンバランスからくるのもふくみます。
肥満の人は普通の脂肪細胞であっても脂肪を蓄積する傾向があります。そのため、減量を試すときに(減量食で)脂肪細胞から脂肪だけでなく筋肉からタンパク質を失う、そのため筋肉から脂肪を失う。最高の解決策は適合を保つことで、筋肉組織に脂肪を蓄積すしてはならない。
肥満者の90%は食べ過ぎとのみ過ぎといわれています、なぜならそれらをあまりにも何もない栄養価のないもので食事とともに取ることになり、これらは十分なミネラル(特に微量ミネラル)やビタミンを十分に供給しないものとなる。

自然なお薬

食品と栄養
人々はカロリーを落とそうとつとめます、そのとき毎日毎日良い基礎的な栄養をしっかりと取るようにしてください。
十分な栄養物なくして一般にお酒を飲んだり特別な食事をやめてください。
一定の飲食は減量したり体重が戻ったり、体重を落としたりまた戻ったりするよりより良いものであると知られています。
体重の上下のプログラムは身体におダメージを与え、病気により感じやすくなる。
14年のフラミンガム研究は何度も失敗する減量ダイエットは心臓病のリスクを増大することを確立しております。

  • 減量プログラム(序所の少ない減量の継続プログラム)を維持するために、このように毎日どれぐらい必要なカロリーであるかを計算してください。:
    自分の体重(kg)X10÷0,456+0.3x(自分の体重(kg)X10):70x10/0.456+0.3x1535=1995カロリー

この総カロリーが一日の消費できるカロリーで、減量した体重を再び増やさないものです。 ゆっくり活性化することが、減量するための理由とさせるその総量よりも食べるものはよりすくなく取るのを想定させる。

  • 減量ダイエットの失敗は役立たない。急速な減量はすぐに戻る傾向があるものです、結果としてコレステロールの上昇をもたらせます。(身体の水分の減少のため)
  • 食品アレルギーをテストして、それらを避けてください。
  • 持続したより軽めの食事を続けてください、でもよりより栄養のある食事が大切です。おもしろ半分に食べないでください:健康のために食べてください。
  • ジャンクフード、脂っぽい食品、フライした食品、加工食品、カフェイン、ニコチン、ソフトドリンク(ポカリ、アクエリアス、ビタミンウオーターなど)を避けてください。アルコール葉どのような形でも避けてください。アルコールは栄養がなくカロリーのみある。脂質の残査の燃焼を妨げます。
  • 朝食、昼食を飛ばさないでください。朝食は王様の食事(より多い食事)、昼食は女王の食事(適度な)、夕食は召使いの食事(軽い)を取ってください。
  • 毎日2〜2、5Lの水を飲んでください。(毎食前30分コップ1〜2杯、毎食間コップ1杯、自然塩3g)それか夕食を全くとらず飛ばすか。就寝前あるいは夜に食事をとらないようにしてください。いいのは午後3時以降食事をとらないのがベストです。
  • ノバスコッチアダルス、ノルウエーケルプ、昆布、わかめ、青のりは食事で微量ミネラルの供給になります。(ひじきはあまり取らないでください)
  • よいビタミンやミネラル(マルチビタミン、高機能性ビタミンとミネラル)をもふくみます。食事に十分な食味繊維を取るようにしてください。体重を増すことなくお腹いっぱいにします。フェニールアラニン(アミノ酸)は体重を落とすのを助けます。なぜならそれは甲状腺の働きによるものです。それは脳内でエンドルフィンを増大させます。麦芽糖の甘味料は十分な甘さがあり他の甘味料より少ないカロリーをよりふくむ。麦芽糖を使い甘みをつけてください。スイーツ(ケーキなど)で食事を終えないでください。
  • オールインワンのドリンク食があります。米ミルク1カップ、豆乳1カップ、果物ジュース1カップ(リンゴ、オレンジ、その他)、バナナ1本、4個のイチゴ(あれば)、糖蜜小さじ1杯、黒サクランボ濃縮液大さじ1杯、大麦若葉(ササヘルス)末大さじ1杯、栄養のあるビール酵母大さじ1〜2杯、亜麻仁油大さじ1杯これを飲み次の食事まで食事をとらないでください。

基本食

良い基本食を続け、それを維持してください。

  • 食欲を減少させるため、食前30分に生のシトラスとやや酸っぱいフルーツを適量とる、薄めたグレープジュースは除いて、甘いフルーツは取らない(ぶどう、乾燥果物)、果物のジュースなし。バナナは食べないで。
  • 欲しいだけ生の野菜を食べてください。1度だけ調理された野菜は新鮮で保存的に調理された野菜であるべきです。冷凍やフライしたり、缶詰にしてはなりません。
  • 最初にある節制を持ってベジタリアンの蛋白食をとってください。:豆、発芽豆、種子、ナッツなど。
  • すべての精製された炭水化物は禁止。これには、砂糖、精白された小麦製品、早く調理できるオーツ麦、ほとんのの包装されたシリアル、加工されたでんぷん。
  • 十分に調理され、精製されたいない玄米、大麦、ライ麦、黍、そば、小麦の粒、ブルガー(引き割り小麦をいった製品、コーン、と他の穀物すべだけを食べてください。 すりつぶしたりはせず、自然なままで調理し食べてください。
  • コールドプレスの不飽和脂肪酸、プラム、レモン汁とかおり付けのためできるだけハーブを取ってください。亜麻仁油大さじ2杯を毎日取ってくださいそれは過剰のエネルギーを燃やしてくれます。油は他のものは取らないでください。テーブルに食事にかける生の油をおいておいてください。
  • スピルニナは毎食前30分に取ってください。それは本当に栄養を与え、エネルギーを加え、食欲を押さえてくれます。

付け加える提案

  • ずーっと過食はしないでください。過食は本当に本当に悪い習慣です。この習慣はやめることができます。
  • 食事が終わるとき、次の食事を食べるまで何も食べることがない週間を決心してください。
  • 食事をとるとき集中して静かに食べて食事を終わるときに関して考えてください。そのときリラックスしたり、お話ししたり、社交的になったりそして食べて食べてはしないでください。ラジオを聞いたり、本を読んだり、テレビをみたりはしないでください。栄養豊富な食事を軽く食べる仕事を止めたり止めるべきときやめるのを心に留め置く。
  • ほんの少しの空腹で食事を終えるのは害があるものではない。心に留めおいてください。率直に言って多いに助けられるでしょう。:胃にとって大きさがゆっくりちじこまっていくでしょう。
  • 体重オーバーの人が食べることで最高のことをすることはできる限り調理した食品より多くの生の食品をとることです。もし調理するとしたら、焼いたり、蒸したりゆでたりしてください、決してフライはしないでください。
  • 1週間に1回は浄化のジュース断食をしてください。
  • 規則正しい運動プログラミは必要とされております。エアロビクス運動は他の種類の運動よりもより良いものです。戸外で運動をすることを単純に意味します。エアロビクスは減量を助け強化を作るのに役立ちます。それは心臓、動脈、静脈を強化します。それはまた必要な器官と内分泌腺をも強化する。
  • 実際のジョギングは1時間あたり440カロリーの間、歩行は1時間あたり120カロリーを使います。しかし歩行は最高の運動であり続けます。
  • 水泳は冷たい水でいつも行なわれます。:そしてこのことが身体が冷水の防御のため特別に脂肪を蓄積する引き金となります。そのため水泳は減量には役立つものではありません。
  • 規則的な排便は重要です。塩の摂取を減らしてください。チューインガムは胃を動かしおなかを減らします。
  • 子供には過度のでんぷんや牛乳を食べさせすぎないでください。ほとんどの幼児は4ヶ月ででんぷんを与えられる。:でもこのことはあまりにも早過ぎる、後でアレルギーあるいはセリアック病を引き起こします。2歳までにオーバーウエイトの子供は他の人よりより多く太った大人になる。
  • もし波のオーバーウエイトだけならやせている友人の評価に関して心配することはない。:彼らは多分もう少し体重がほしいと望んでいるからです。

ハーブ:

コリアンダーの葉を水に3gいれ(あるいは3gのサイリウム)食前30分前にとってください。
イタリアの研究で適切な体重の60%オーバの婦人がこれをしました。:それをほとんど食べない他のグループと比べより減量することができました。
どのようなことをしたのでしょう?単純に茶さじ1杯を混ぜただけです。サイリウムシードガムを水またはジュースにとかし毎食前に取っただけです。
(でも何にかはサイリウムにアレルギーを持ち、そのため、使用をとめました。)

  • アストラガルス(レンゲ族)は栄養の吸収を増進します。そのためエネルギーを増加させます。緑茶は体重を落とします。
  • 新鮮なチックウィード(一般的な草)を毎日サラダに加えてください、そうすると減量するでしょう。新鮮なパイナップルを毎日、ひとつをすべて食べると減量の助けになります。
  • 生姜とブッチャーズは脂肪の代謝を改善します。フェングリークは肝臓にたまった脂肪を溶かしだします。
  • 25000名のSDAの人の研究でほとんどのナッツを食べた人でもっともスリムになったされています。

ナッツはセロトニンを豊富にふくみ、満腹感をもたらすのを助けます。
SDAのアドベンチストはベジタリアンです。肉を食べる人は体重を落とすのに長い時間がかかります、それは食事に脂が多く、飽和脂肪酸があるからです。

やせ過ぎ(体重不足)

症状:
身長と体重の平均から少なくとも10%以下の体重をいう。 やせに加えるに、症状は空腹感、動揺感、疲労、虚弱、寒さへの過敏、元気のなさがあります。
原因:
何人かにとって、やせ過ぎは問題にみえる。:他の人にとっては全く問題はありません。実際、一世代ではいろいろな道で、珍しくスリムが利益があります。 もし人が健康な状態があるなら、何年すぎたとして、体重を増やそうとする気持ちはだんだん少なくなっていきます。 しかしやせ過ぎは時々健康の問題に関連されている。これは特に、突然減量がおこったとき、もし故意でないならば、影響されて原因となる。

突然の減量の理由

もし可能なら、計画しない減量のあるいは、体重が増加できない原因を確かめるためにトライしてみてください。 ここにいくらかの考えられる理由のリストです。

  • 計画されていない減量は、適切な食物の消化と吸収のための胃腸管の能力のなさ、あるいは潰瘍性大腸炎、大腸の憩室炎などが原因となるかもしれません。
  • 腸の寄生虫、肝臓、膵臓の問題により引き起こされるかもしれません。
  • 消化酵素の欠乏、アレルギー、食品過敏症によりしき起こされるかもしれません。
  • 内分泌腺の不安定さにより起こされる、ちょうど糖尿、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能不全、のようなものです。もし体重の減少と始終寒さを感じることが2つともあるときとき甲状腺機能不全であるかもしれません。甲状腺、膵臓、副腎の問題は体重の増加が不可能となります。低血糖や糖尿をもつと適切な体重維持が特に非常に難しくなります。
  • 慢性病や外科手術、ストレス、情緒のトラウマ(ちょうど死へのあこがれ)によって引き起こされるかもしれません。タバコの喫煙によっておこることがあるかもしれません。
  • 外科手術、化学療法、放射線療法、薬物、道の薬、エイズによって肥子起こされるかもしれません。
  • 追加で、食事の不調により引き起こされるかもしれません。:あまりにも少ない食事か、ある場合あまりのも多い食事かです。
  • 亜鉛の欠乏か消耗性疾患例えばガンは食欲を減少させ得るものです。

役立つ診断の補助は継続的な排便と不消化のもののチエックです。
幼児や小児は原因は食事が充分でない場合がある。:老人では食べることへの無関心あるいは貧困からおこる場合がある。
幼児や小児で体重の増加が突然停止する様なばあいが特に関連がある場合がある。これはセリアック病あるいは何か他のものが関連している場合があるかもしれません。
この問題は普通、一つあるいは他のもので、やせている人々は体重を増加させる人々より消化と吸収が難しく時間がかかる。

自然な処方薬

身体は生活の課題と会合と援助を必要とするにとつても難しい時間をもちます。 推薦するものは充分に簡単なものです。

  • 栄養豊富な食事を食べてください、たとえばこの本でしばしば概要をかいていたものです。ある人々にとって、普通取られるべきものよりよりカロリーとタンパク質を含むものであるべきです。習慣的にやせている多くの人にとって、解決は普通量の食事を続けることでーそれはただ最も栄養のある食物をとること(ジャンクフードや加工食品でないもの)です。十分な完全な蛋白は必要欠くべからざるものです。
  • もし注意深く体重増加プログラムを勧めたいと欲したら、1日当り2500〜3000カロリーをとる挑戦をしてみましょう、それには100gの蛋白質と300gの炭水化物が必要です。ただ栄養ある食事をとること。:加工食品でないもの、で食物でない食物は取らないこと。ビタミンミネラルの欠乏に注意しただしてください。消化酵素あるいは栄養補助で塩酸(塩酸ベタイン)が必要となるでしょう。
  • 普通の外のスポーツを毎日してください。この運動は食物の消化器系wp助けるでしょう。毎食後歩行をしてください。
  • 十分な休息を夜にとってください。毎食後15分、30分60分ね転がり、休んでください。これは重要で他の食事で首尾よく獲得する挑戦にとって身体を強化するものとなりましょう。
  • いろいろな種類のストレスを避けましょう。リラックスする環境で食事を食べてください。神経質になったり胃の不調時には食べないでください。
  • それは食事時も含め、活動、すべての習慣においても規則的に維持することをつとめてください。
  • 小麦、牛乳などのような食品のアレルギーを持っている場合。
  • フライした食べ物、ジャンクフード、飲料(アルコールも含め)加工食品を食べないことは特に重要なポイントです。カフェイン、タバコ、アルコールを避けてください。できるだけそうしても、医療用医薬品はとらないでください。
  • 幼児にはバナナをマッシュしたものが他の食事よりもより簡単に消化されます。

続けるが最小の鋳物ではない:もし普通にやせているなら、でもよい感じがあるなら、やせてるから体重を増やさなければという人の評価は無視してください。 そういう人の何人かはやせたい願望を持つのだから。 もしあなたが太りたいと決心するなら、専門家は私どもに、1週間に500gよりも増量の必要はないと言っています。

食欲不振

原因 医薬品、アルコール、タバコ、薬品。 重金属、栄養の欠如、うつ、ストレス、外傷

自然な処方薬

食欲を増進するために、食品はみて暮れの良いもの、味の良いもの、消化器系を滋養するものでなければなりません。
全粒の穀物、果物、野菜、ナッツ、豆

  • 食直前に、食事中に水分の補給はしないこと。それを入れると食欲がなくなるから。
  • より少ない食事で何回も。品質の良い少量を食べ、次の食事までとらないこと。
  • 食を楽しみそれを食べたくなるように決心してください。
  • 食後すぐに、昼間の時間の他の時間に、外に出て歩いてください、庭仕事をし、やりたいと思うことをしてください。
  • 自分のことは忘れ、他人を助けることを探してください。あなたの周りに勇気を鼓舞する人がいます。
  • 煙草をやめ、酒を飲むのをやめ、強い薬をやめあるいはあなたの健康に損害を与えるそして人生に興味のあるものをやめてください。