自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)進行のしくみを解明 ―グリア細胞からつくりだされるアミノ酸D−セリンが原因―

2007/10/05 慶應義塾

慶應義塾大学医学部解剖学教室(相磯あいそ貞和教授、笹部潤平研究員[大学院医学研究科博士課程4年])およびノエビア神経変性疾患寄附講座の研究グループ*1は、生体内で産生されるアミノ酸の一種、「D-セリン」*2 が世界的難病である筋萎縮性側索硬化症(Amyotrophic Lateral Sclerosis,ALS)の進行の鍵となることを発見しました。これは、「D-セリン」に注目することによる新たなALS診断・治療法の開発の可能性 を示唆しています。本研究成果は「The EMBO Journal」(Volume 26, Number 18, September 19, 2007)*4に掲載されました。