自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

インピーダンス装置(放射活性装置)

the Radio-Active Applicator
RADIAL APPLIANCE

日本1社米国4社、ドイツ1社が製造し販売ています。
日本製はシールドが不十分のため、上部樹脂間と金属間に湿気が出来(結露の為)ショートを起こしやすく長期間使用するとシールの間の結露が生じ錆が生じるばあいがあります。
さびはケイシーは使うな。害が生じる。
また新しく組み立てろと言っています。
なぜなら炭素鋼が規定の%の域に無いことです。製品により規定量が入ってる場合もあるが不安定

最初は効くが3日ぐらいになにも効かなくなるばあいや、2週間程で居ても立っても入れれないような嫌な感じがする人も居る(炭素濃度が合っていないため)(湿気のためコンデンサーの役目を果たさなくなった) 。

この装置はコンデンサーと量子力学の生体微量電子がスピンを起こし炭素鋼の電子ホールを利用し波動が起こり身体に微量な電圧差を生じさせ心臓の脈波の左右のベクトル差を利用して電子スピンが炭素鋼に起こり左右の手足に流れ脊椎の左右に電子のスピンが起こり背骨の神経節に電子が無くなっている場所に電子が満たされ傷の修復や頭の興奮レベル,腸の神経の修復に利用されるため上記の治療に利用される。

神経緊張、神経炎、衰弱、高血圧、難聴、肥満、関節炎、神経失調、不眠、血行不良、など455件のリーディングですすめられた装置、ウエットセル(湿電池)とは異なり炭素鋼板、カーボン(炭)、石炭(チャ−コール)など固体元素で作られたバッテリーで経路を通し波動交代を行う。
氷水につけると頂上から青いオーラを噴出するので未知エネルギーを吸収しているのではないかと推測されている。
エドガー・ケイシーはこの装置はだれにでも有効で瞑想に絶好の波動の場を作り出すと述べている。
瞑想に便利なのは三次元六芒星ですごりようください。

注意は氷を十分にバケツや容器にいれ(ケチらない事)水を氷の腺まで十分に入れることと身体に付けるプレートは十二分に磨き付ける事、また身体もお風呂やシャワーで清潔にしてから貼る事を忘れてはならない。
ただしこの装置は日本の医療用具としては登録されておりませんのであくまでも自己責任で御使用ください。

インピーダンス装置(バア−社)

バアー(社)は炭素鋼を製鉄業者にたのみ製造し0.602%を製造し、炭素鋼製品の不安定さをなくし、シールも改良し、ジャック取り付け位置の炭素鋼の直接溶接をしたことで設計図(ケイシーがいった)ものに近い物がができました。
今年から充填物に炭をいれよりリーディングの形に近いものと完全にリーディング一致した本格派の2種が出来できました。(外観は一緒)
溶接やハンダは装置と人間との電気の波動を妨害する傾向があるが堅牢性を持たすためしよう。

「それは絶対に真実です。 1999-2000年のこのとしにも、エドガー・ケイシーの精神は生きて、上手いき、存在しています。
私にとって、この個人の経験はラディアック装置です。

再度ラディアック装置本を読むために時間と忍耐をかけた後に、焦点は強まりました、そして、また、私はこの仕事の重要性に注意を適用しました。
私は、主に予防の処置(エドガー・ケイシーの提案した)としてこの装置に興味を持っていました。

しかし、人生のすべての面の危機をなくし柔らかくするのを見つけた時、それすべての驚異は来ました。
私は、低いエストロゲンなどの更年期症状のすぐに怒り出すような問題がありました。
それさえ変わりました。
「それはなくなりました」と言わないが、しかし一過性熱感時、私のまわりで起こっていることにおいて今非常に扱いやすい。私は、あなたがそれを理解することができることを望みます。さらにほら、ラディアック装置を使用するほんとに最初に変化がありましたし、それが段々良くなっている変化がありました。私は、プレートをきれいにする特別なケアをしますし、また、私の器具を毎日大きな、大量の日光さらします。再び、それは、このラディアックを使用したことは、私の番がき、神からの祝福をうけました。本当にありがとう、"C.S、サウスカロナイナ

私の足の両小指の靱帯が切れ約30年力も入らず困っていましたが4回の使用で驚くことに靱帯が付着し指が治りました。
ありがとうございます。(日本)

ラディアック装置(生涯保証制度)

ソリ−ューションジャーをつけたとき(ソリューションジャーは別売)
バアー社のラディアックは活性炭を省いています。
この使いかたは特殊ですのでお問い合わせ下さい。
炭素板と今年から炭を入れています。
堅牢さは一番です。
ラディアックや他の装置を入れるのに便利なコンテナが販売されました。

AREクリニックで使用している物です。
ラジアルアクティブアピアランス
比較の為日本製のラジオアクティブアピアランスを図示します。
重さ680g
高さ本体だけ15cm プラグの高さ2.7cm
直径6.3cm
本体銅製
炭素鋼
カーボン6mm×2.9mm×127mmと7mm×13mm×127mm
炭素鋼

ヘリテージ社RADIO-ACTIVE APPLIANCE KIT

Edgar Cayce recommended this unique appliance (there's nothing radioactive about it) in over 400 readings, to balance the body's energy field. Reported benefits include deeper relaxation, better concentration, improved circulation, and more powerful meditations.
Our starter kit includes a "battery," lead wires, and the two nickel plates recommended for general use.
Solution jars, extra attachments, and mineral solutions must be ordered separately. A price list with replacement parts is included with each order and is  b also available free on request.

インピーダンスデバイス

インピーダンスデバイスは人体の各部を通して電気回路を作り上げる装置です。(この形はコンデンサーそのもので大きく異なるのは相対する炭素鋼があり弱い起電力) 人体そのものは微弱な電圧を作り出しています。このような電圧の存在することは立証されており、その特性は心電図で実際に分析されています。

この装置の二つの電極は人体の指定の箇所(ほとんどは手首と足首の拍動を部位)に接続されます。回路には湿電池と同じく、特殊な元素溶液の入った瓶が取りつけられるときもあります。本体は何種類かの金属材料と有機物によって構成され、氷水に5分の4(赤い前)までを浸して〃充電〃させた後で使用します。

この〃充電〃原理は科学でも説明できてませんが、NASAのJ‐サットン博上によれば、この装置は未知のエネルギーの極く一部を吸収、反射さぜて回路に流すのであろうとのことです。回路を流れる電流はソリューション・ジャー(溶液瓶)内の元素の振動数によって変調され人体に伝えられると考えられてますが、やはりこれは計測できておりません。

次のリーディングは、この装置の性質についていくつかのことを明らかにしています。

「インピーダンスディバイスは特定の金属と元素、人体との間に生まれる波動関係を通して機能する。金属は電気的波動を生み出し、それが人体に向けられる運動の型を形作る。人体の各元素、原子、臓器はそれ自体の電気的皮動を有し、その全てが人体のバランスと維持に必要である。体の単位は生命の単位である。それは分かれることによって、自分を再生する力を生み出す。臓器のどれかが自分を再生させ体の存続に必要なバランスを保つ能力に不足してくると、その不足が必要とされる電気エネルギーとなる。こうした不足はいくつもの仕方で生じてくる。怪我、内的力や外的力への反応、排せつの不足など。人体内のどのような異常もバランスの不足によって起こり、それは体の特定部における波動を生み出す特定元素の不足によって生じてくる。

この装置は氷と水とによって発電する炭素鋼バッテリーであり、人体を形作っているのと同一の波動を帯びるのだ。人体の波動力と装置との間の接続によって人体内にバランスが生じ、これが波動の過不足によって生じるいかなる緊張をも解く結果となる。それはこのような仕方で起きるのだ。ある部分の過剰が電気的力がとる調和によって別の部分の不足を補うよう強いられ、これが体の生産力増大を助けて完全なバランスを実現させるのだ。この作用は眠りに対比でき、その中で全身のエネルギーが回復させられる。装置を活用すべき特定の症状は”炎症”(カタル)であって、頭部、喉、鼻、耳、肺、胃、肝臓、腎臓、泌尿器系など、人体のどの部分にも効く。体は、他の何ものにもまして、この炎症に罹り易い。また、この装置は排泄系に障害を起こすどんな症状にも効果がある。リューマチ、神経症、頭痛の初期など。この装置はイクアライザー(平衡器)として作用するが、正常な休息が体の回復を生み出すのと同程度の働きをする。その作用は治療的というよりは、予防的である。」

使用時の注意

  1. アルコールやアルコール飲料を飲んだ同じ日にはラディアックは使用しないで下さい。
  2. 決してはじめて使用した人以外には使用を認めないで下さい。神経質な機械です。

以下の物を用意せずに使用しないで下さい。

  1. 3.75Lサイズのラディアックを入れるプラスチック容器(氷と水もなるべくミネラルウオーターが良い)
  2. 氷(きれいな結晶の大きな氷がよい)此の氷はフリーザーバックにいれまた冷凍庫にいれ再使用するとよい。
  3. タイマー

ラディアックの使用法のイントロダクション

いつでもお使いになって良いです。

約30分間の使用をお勧めします。

最大使用時間は使用して眠り込んでしまいあさの起きるときまでしている場合もありますが、できるだけ30分ぐらいに使用をとめておいて下さい。

このラディアック使用後は30分間は運動しないで下さい。

ラディアックはまずプラスチックの容器に入れ氷を赤線まで入れ水を入れ必ず冷やして下さい。

ラディアック使用方

  1. まずプラスチック容器にいれる。
  2. 氷を赤線まで入れる。
  3. 水を赤線まで加える。
    約20〜30分間体につける前に冷やして下さい。このとき氷はとけないように。
    此の待ち時間を利用し身体をシャワー等で洗浄するとよい。
    また上の差し込みの赤と黒には水をは、つけないようにして下さい。
  4. 腕や足につけるディスクは使用前使用後は必ずサンドペーパーで磨いて下さい。
    電極は肌にフラットに置き使用中はしっかりとつけてください、でも循環が悪くなるまでは締め付けないでください。
  5. ラディアックが氷水に20分漬かったら以下の要領で使用して下さい。
  6. まず赤の線のジャックを.ラディアックの赤のプラグに差し込んで下さい。
  7. 同様に黒のジャックを.ラディアックの黒のプラグに差し込んで下さい。
  8. 必ず赤のリードせんのついた方を先に体につけてください。
    (注始めのディスクがプラスになりあとでつけるぶんのがマイナスになります。)
    1〜2分待ち黒のリード線を体につけて下さい。つける要領は下記にしるしています。
  9. タイマーを30分にセットして下さい。(45分までならよい)
  10. できるだけ黒線と赤線は離してください。(交差しないように)
    ラディァック使用後決してディスクや線ををくっつけないようにしてください。
    当然足をくんだり手をくんだりしてはいけません。
  11. ラディァックで眠り瞑想やリラックスをお楽しみください。(電気を消し瞑想によい音楽ながしてください、なくてもいい。)
  12. しまう時は黒線をからだからはずし赤線を身体からはずしラディアックの黒線をはずして、赤線をラディアックからはずして下さい。
    それから別々に赤線をビニールに入れ、黒線を別のビニール袋に入れ、ラディアックをきれいなタオルでふきしまって下さい。
  13. 時々ラディアックをビニールに入れ、太陽の光線に当てて下さい(2時間ほどそれ以上になっても可)

態度

エドガーCayceは、役立ったか、または治療である場合、また、誤用されるならあるものは何もで有害である場合があると主張しました。

adial Applianceが単に物理的に、精神的に霊的に身体の自己エネルギーを利用するのを覚えていてください。

システム(身体の系)に陰性(くよくよしたり、否定的な感情)があると、Appliance(装置)は全身の中でマイナスの効果を再配付するだけでしょう。

装置を使用している間、積極的で、建設的な態度を保ってください。

エドガーケイシーは、頻繁に器具を使用している人がセッションの間(装置を付けている間)思索(瞑想)するのを勧めました。

積極的な確言と想像を使用するのは役立っています。

あなたであるなら心の否定的フレームにあって、意識してあることができません。

あなたが奮い立たせて上げるのがわかるより積極的な意識への変遷、見える読み物にまたは他のリソース。

Cayceは聖書、特に申命記の第30章、ジョンの1 4番目、15番目、16番目、および第17章からある一定の鼓舞している節をしばしば勧めました。

瞑想は申名命記の30章とヨハネの福音書14、15、16、17を読み心を落ち着けてからすると効果が良い。

できるだで椅子にもたれたりねっころがっった姿勢が好ましい。

もしアクシデントで、氷と水で冷やしていたラディァックのワイヤーの電極をふれさせてしまったり、間違った手順で線を線をつけてしまっても、ラディァックは永久には壊れません。

そのようなときはラディァックを少なくとも1時間、使用できるようになるまで太陽のもとにおいてください。

12.もし#140の図のような溶液を使用したいのなら、すべての電線はきつく縛って下さい。

けっしてハンダでは固定しないでください。

赤い線 黒い線
1日目 右手首 左のかかと
2日目 左の手首 右のかかと
3日目 左のかかと 右の手首
4日目 右のかかと 左の手首
                           

赤線と黒線の電極は手首かかとの内側の脈拍を感じるところにつけてください。

4日をサイクルとし4サイクルしそれが終わると4日〜1週間あけふたたびして下さい。

使用しないときは電線は決してくっつけず別々にしまってください。

しまう時にはテレビの横やコンピューターの横車の中や、同じインピーダンスデバイスを重ねたりしてはいけません。

できるだけ使用するときは太陽に当てて下さい。

曇っている日でもいいし、雨の日はプラスチックカバーをかけ部屋の外にだし日に当ててください。

しまうときは金属のそばや磁石のそばにはおかないでください。

冷蔵庫にはしまわないで下さい。

インピーダンス装置(放射性器具)

メディライン研究所でラジオアクティブ装置をつけると優位に体温上昇することが確認された。

血液中にド−パミンの上昇も確認された。

「問−−1925年7月13日に行なわれたリーディング(195-15)、それも特に毎晩この体に装着すべき器具のことに触れている部分が出てきます。人間の病気に役立つよう、特効療法を教えてください。それがどの病気に役立つか、どのように行われるべきかについて。」

「答−−これは広い範囲に及ぶのがわかる。これによって緩和される状態としては、まず、人体でアンバランスな状態になっている組み合わせによって、体の様々な部分に苦痛や病気をひき起こしている作用によるものを挙げよう。金属は、体に対しては一種の運動になる電子の波動を生じることが知られている元素だ。なぜなら(ここでこの体の方に向きを変えて)、人体は電子の波動でできていて、体、個々の臓器、その有機体の個々の原子及び成分を備えていて、その生体を維持し平衡を保つのに必要な電子または単位波動を持っているからだ。個々の単位は、それ自体が一つの細胞または生命の一単位で、既知のように法則、つまりは再生によって、自身の分裂によって、繁殖する能力を有する。

身体の維持に必要な平衡を再現する能力が欠けると、その部分に必要な電子のエネルギーの欠乏が生じる。この状態が生じるのは、傷害によってかも知れず、病気によってかも知れず、あるいは外的力から受け取るのかも知れない。また、体内で起こる排泄の不足や他の作用因の不足によって内的力から受け取るのかも知れない。」

「そこで、人体の病気に応用可能な力に話を戻すと、氷か冷気か水によって電子化される炭素鋼の電池構成物から受け取ることのできる電子の力を応用し、その要素、その波動を共有することだ。」

「鉄−−血液、並びに血液が供給する力の中にある他のものより重要な成分。

冷気、なぜなら、人間の生命を維持するために波動の形で応用される諸力に必要な要素の組み合わせによって、冷気は氷から生み出されるものだからだ。

次に、人体に見い出せる有機体のどれかによって示される電子的作用因の欠乏、または過度な熟達のせいで生じるあらゆる緊張を緩和するための平衡が、この冷気との接触によって、体内に引き起こされる。

その時の作用は次のようなものだ。

電子的作用因の調和によって、過剰なほうは欠乏しているほうを支援するよう強いられる。

欠乏しているほうは、体が完全な平衡を得る際にふやし支援するための電子的作用因−−波動−−を充分に受け取る。

これは、次の原理と同じ体に対する原理として作用する。」

「人体という有機体全体は、全身のエネルギーを取り戻すために睡眠と呼ぱれる休息に必要な電子の力で構成される。

だから、この応用によって、体内に同じ結果が生じる。」「さて、この特効療法は、(体内に存在する多数の疾患に作用するので)(195)のリーディングに表わされているこの状態の場合には、過剰な波動がこの体の聴力のための感覚系統または波動系統の正常な波動を妨げている緊張した中枢の状態を軽減するためのものであることがわかる。」

「次に、他の人々、つまり一般的または特殊な状態−−頭、のど、鼻、耳、肺、胃、肝臓、腎臓、ないしは体の単位臓器のどれであれ、有機体のどこかの部位に存在するカタル性の病気(この体は、人体の諸力に存在する他のいかなる病気よりもこれを受け継いでいるので)−−について。

排泄によって生じるこれらの臓器のどれかに接するあらゆる病気に対し、これが有益であるのがわかるだろう。これらの病気とは次のようなものだ-

リウマチの初期段階、神経痛、頭痛、身体から排泄がうまく行かないために生じたあらゆる病気。

いかにもこれは平衡装置で正常な休息が回復力となるのと同じ効果で作用するだけだ。

したがって、治癒力というよりも、体内に生じる前述の病気の予防となるものだ。

ただ、体は、精神力を通じ、食欲及び体の再建力に関する正常な力の作用を通じて、これを支援する。」1800−4

「間−−電池に関して1925年7月27日に行なわれたリーディング、これについて答えてください。」

「答電池について、1925年7月27日の情報(1800−4)が確かにある。

これは、示されたとおり、肉体の波動の力に関するあらゆる病気、それも特に、リウマチの最初の段階、カタル、体からの排泄に関連して体に悪影響を与えるあらゆる病気においてたいへん有益であるのがわかるだろう。」

誰もがこの電池を用いるとよいのがわかる。

なぜなら、体がいわゆる同調した状態に保たれることに関連したあらゆる状態について改善されるからだ。

それは、その電池を示されたとおりの方法でつくれぱ、それによってつくられる状態に体が反応する力が行使されるからだ。その方法とはこうだ。」

「炭素鋼を2枚用いる(普通のをだ、よいかな?)。

これらは、焼きを入れた鋼や工具鋼よりも、磁力をよく帯びる。

これらは少なくとも、長さが12〜13cm、幅が6〜15mm、厚みが6〜15mmでなければならない、よいかな?これらを、スズか金属かゴムの容器に入れ、(普通の)炭を詰め、互いの問には炭素か絶縁体を入れる。

次に、個々の鋼に細いワイヤー(銅で絶縁したもの)を装着しなければならない。

続いて、ワイヤーの両端に小さな板をとり付ける(ゆるくだ、よいかな?)。

それからこれを体に装着する。正常な状態の場合は、1本を体の各先端−−体の右と左−−にとり付ける。

体内の一点集中化に関連した状態であれぱどんな場合でも、体のどちら側に状態の変化が必要かによって、へそか、その真上、あるいは右か左に、1本をとり付ける。次に、容器は常に、氷水の中に入れておかねばならない。

これを適当な時間−30〜60分間−−体につけておくと、体の波動に変化を与える。」

「これをつくって多くの人に配れば、今示したようなあらゆる状態に大変有益なのがわかる。そうしなさい。」

「(問)寒い天候では、この器具を唯屋外につるしておいてから身体に付ければよいのでしょうか?」

「答−−常に冷水か氷水につけておきなさい。電極に及ぼされる水の作用が体に必要な波動をつくり出すからだ。」

「次のような液体が刺激剤として体に与えられる必要があるなら、波動的性質のもの、ないしは共鳴的性質の薬物または特性を持つ物質をマイナス極に添えれぱ、体にとって有益な程度にそれが体の波動に加わる。

キニーネ、金(塩化金)、硝酸銀、ヨウ素(アトミダイン、ヨ−ドチンキ)、樟脳精(樟脳が10パーセント入ったアルコール溶液)、アルコールを85パーセント以上含むあらゆる元素だ。これらは次の方法でつくる。」

「ニッケルは、突起をつけてそれを容器の中に突き出す。これらを電極つまりワイヤーに取り付けるが、その中央の部分にこの金属が来るようにする。波動の作用が体に徐々に運ぱれるのがわかる。」1800-5

「ここにその体とそれを取り巻く状態がある。この体には前にも会ったことがある。

いろいろな面で体調が改善しつつあるのがわかる。この体には、食事療法を怠ったり、糖分やでんぷんを摂り過ぎると直ちに体重がふえる傾向はあるが、放射性器具から正しい方法で波動が加えられれば、吸収力が体内でより良く分配されること、ひき起こされる波動がより一様になること、その後は状態がより正常に近い状態でありつづけことがわかる。

なぜなら、体内に変化が生じた今、これらの波動は、体重が重すぎるのを助長する傾向にある体の各腺と一緒になって作用するから。」2096−2

「波動が発せられ、それらが(体内に)同じ波動をつくり出す−−。それらは宇宙の力として作用するが、体の状態に応じて変化する。」1800-6

「人体において異常になる何らかの状態があるなら、それは、弱る、あるいは病気になる人体の有機体に波動を生じさせるのに必要なものの欠如によって生じる平衡の欠如だ−」1800-10

その後は状態がより正常に近い状態であり続けることがわ

「電池が充電されたり放電されたりするのとちょうど同じように、人体もこの器具によって協調が生じると再充電される。」5428-1

TEXT OF READING 1800-8

3. (Q) どうか我々にラジオアクティブアピアランスで使われるべき鉄の種類と特徴とを話し、そしてどこで同じものが得られるか教えて下さい。

(A) 与えられるように、これは、56から60のパーセント(56から60%)炭素鋼が作動する、そしてこれはどんな鉄棒あるいは製鉄所からでも得られるかもしれない。

ベツレヘム (Bethlehem) 、ピッツバーグ (Pittsburgh) 、 Gadsdenガドスデン 、Anniston(アニストン) 、バーミンガム (Birmingham) 、ランカスター (Lancaster) 、すべてあるいはこれらのどこでも、がこれらの塗り具のためにそんなものを供給するであろうし通常作動する、そしてそうすることができた[0.56から0.60− 0.5%0.6%に(0.5%0.6%に)エドガー・エヴァンスケイシー (Edgar Evans Cayce) によって気付かれた]‖。

4. (Q)長さ5インチの炭素鋼、厚さ1インチの4半までに、幅2分の1インチの2つの炭素鋼の細片(Radio - Active Applicator) が与えられるすべての例で望ましい結果を与えるであろうか?

(a)これは望んだ結果を与えるだろし、くっつけないで置き、あるいは2つのガラスで絶縁すると同じように供給されるでしょう、おわかりかな?1枚でなく − 2枚です。

5. (Q) ゴム容器のなかは木炭で充填され、同じように穴がどのサイズにあるべきであるか?

(a)もし非常に小さいなら、何でも。

バッテリーに付けている水や溶液は必ずしも必要ではない、がどうように、身体につける時には、水と氷りのなかに置いて下さい、おわかりかな?

3. (Q) You will please tell us the character and kind of steel that should be used and where same may be obtained.

(A) As given, this should run from fifty-six to sixty percent (56 to 60%) carbon steel, and may be obtained from any rod or steel mills. Bethlehem, Pittsburgh, Gadsden, Anniston, Birmingham, Lancaster, all or any of these, with their regular run, would and could supply such for these applicators [0.56 to 0.60 - 0.5% to 0.6% (0.5% to 0.6%) Noted by Edgar Evans Cayce].

4. (Q) Will two strips of carbon steel, five inches long, halfinch wide by quarter of an inch thick, give the results desired in every instance where the Radio-Active Applicator is given?

(A) This would give desired results, provided same is kept apart, or insulated with two pieces glass, see? Not one -TWO.

5. (Q) In rubber container that is to be packed with charcoal, what size holes should be in same?

(A) If any, very small.

Not necessary that the water or solution is in the connection with battery, but that same be in ice and water when applied to body, see?