自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

癌(がん)について書いている本

ある種のがん(乳がん、前立腺ガン)は水の不足、不適切な生活環境(食事、運動、)、アミノ酸の不足により起こるといわれています。

今年大手の徳間書店から林陽訳のバドマンゲリジの2冊目の翻訳の出版が出ると林氏からお話がありました。

内容は「肥満、がん、うつ」の本です。

表題はどうなるかわかりませんが楽しみな内容になります。

これは肥満、うつも基本的に水不足が原因と医師は言っています。

肥満は「飲水法」をするだけで早食い、あまり噛まない人、コーヒー、紅茶などをとる人でアミノ酸(特に味の素が悪い)で食欲を刺激するものをとる方によく太る傾向があり、水をとり「ソーラーソルト(自然塩)」をとると減量してくると博士が言っています。

うつも水と塩の不足から出てくることを博士は見事に話しています。

一番衝撃的なのはがんです。

特に乳がんこの本を読んだときに乳がんの外科手術専門の外科医デイ医師が乳がんになったことをしめす手書きの絵が描かれていたことでした。

癌(がん)と食事療法と飲水法

このデイ医師は今自然療法でがんを治す方として有名になっている医師なのだが彼女のホームページに上げられている写真と同じものであったことでした。

そう彼女はSDA(聖書に書かれている食事や生活を正しく実施するクリスチャンたち)の信者で食事療法の一番うまく実践している人であることの情報が私にもたらされていたからです。

彼女は飲水法を実践したのだというのが推測されました。

ここで彼女はSDAが今までしていたがんの手当て(自然療法)と飲水法を利用したことがわかりました。

  • がんは酸素に弱い。(よく運動して酸素をとりこめ)
  • がんは栄養素としてぶどう糖のみエネルギー源とする。(甘いものをとらない、白米、白パンをとらない)
  • がんは酸素を必要としない嫌気的酸化をしている。(がんに密接する細胞が油を燃やし酸素による活性酸素がでると活性酸素にやられる)
  • がんはニンジンに含まれるβーカロチンが大嫌い。(ニンジンジュース)
  • がんは魚油に弱い。(EPA、DHA)[スーパーEPA]
  • がんは亜麻仁油に弱い。(亜麻仁油)
  • がんは重金属をこのむ。(重金属を出す「Mtlメタルデットクス」、「コリアンダー葉」)
  • がんは水(飲水法で約2L)と塩(「ソーラーソルト(自然塩)」)によわい。
  • がんは野菜の色素に弱い。(五色の野菜)
  • がんは粘りのある汚い血液を好む。(水でうすめ塩でとると体の粘りが取れてくる)
  • がんはさらさら流れる血液に弱い。(水が十分な血液、野菜が十分な血液によわい、)「ササヘルス」はさらさら流す
  • がんは脂を好む。(獣の肉は飽和脂肪酸で血を粘らせる:魚は異なる)
  • がんは高温の油を好む(揚げると、高温処理された油マーガリン、ショ=トニング:生のフレッシュな油が嫌い)
  • がんは鉄(赤肉の血液に含まれる鉄)と「ビタミンC」を好む。
  • がんは疲れた体を好む。
  • がんは恐怖、心配がだいすき。(神と共にあり、家族がコレを解消する)
  • がんは笑いが大嫌い。(わらうと内臓のマッサージ)
  • がんは循環不全が大好き(運動やマッサージ:「マッサージオイル」でマッサージ)
  • がんは酸素豊富な血液が大嫌い。(深呼吸が嫌い)
  • がんは脂肪が大好き。(油をとらない、魚油はOK)
  • がんはタンパク質のバランスの悪さが大好き。(「ビタエックス」で素たんぱくとアミノ酸の補給)
  • がんは高たんぱく食が大好き。(肉の食いすぎはダメ、大豆も含め)
  • がんは心の安息が大嫌い。(お祈り)
  • がんは酸性が大好きでアルカリが大嫌い(「電解カルシウム」をとると体がアルカリ化)
  • がんは大声が大嫌い(酸素を取り込む)

このようなものを利用して医師が手当てをしているのが容易にわかる。そうがんになったまた癌の恐れ、気になる方は自分の生活を直し(NEWSTART)上記のことをとってみてください。

  • あとがんが治った人の話を聞くこと。

お酒と肉食はやめ水をとっていて熟睡して早く起き太陽の光にあたり声をあげ祈っている。またがんを克服しかれは上記を実践したから克服したのだから。これを克服するため心を変えるもの、体から老廃物を出し、水を体にしみこませ、さらさらながし、心を朗らかに免疫を上げていく水を開発されています。これを利用しない手はない。