自然療法・エドガー・ケイシー療法のクシロ薬局

クシロ薬局 チュニジア産オリーブの木 2年物[同梱不可・送料無料]

[Tunisia Olive Tree]

販売価格 10,800円(税込)

この商品について問い合わせる

特定商取引法に基づく表記(返品など)

この商品を友達に教える

買い物を続ける

Check

チュニジア産オリーブの木

大きい実がなる珍しいチュニジアのオリーブの木です。
北アフリカの大地と地中海の恵みをたっぷりと受けています。

チュニジアオリーブの木

チュニジアとオリーブオイル

チュニジアでのオリーブ栽培は、昔から化学肥料や農薬の使用を厳しく禁止しています。その結果ほとんどのオリーブ農園では農薬を使わない、無農薬・有機栽培による自然栽培オリーブ栽培を行なっています。

チュジジアは昔のフェニキア人です。貿易で地中海を往来していた民です。この民がスペイン、イタリア、フランス、ポルトガル、アルジェリアなどにも広めました

傷ついてしまうとそこから酸化発酵がおこり、不快な味、香りの原因とるため、果実の状態、様子を見ながら傷をつけないように摘んでます。(小さな熊手のような物で掻き取っています)

搾りって残ったものから、お湯や溶剤で取り出したものから脱臭をする行程で作ったオイルを、ボマーツ、ピュアーオイルと呼ばれています。イタリアはこの検定が曖昧です。スペインは国家検定をして品質を保証しています。

ウィルノードは入っていないのを証明する各種検査を行っています。 コールドプレスで圧搾をしていますが、コールドプレスとは30度以下で圧搾製法をしたものの事です。。 このシェトウィ種はポリフェノールが1kgあたり700mg含まれており、マッサージはもちろん、パスタやサラダにご使用して頂いてもよく合います。

チュニジアの無農薬・有機栽培とウィルノード社

近年、チュニジアのオリーブおよびオリーブオイルは、農薬を使わない、無農薬・有機栽培による自然栽培のため、世界から注目されるようになってます。 2001年時点では、約12,000haのオリーブ園が国際オーガニック認証を取得し、1年間で生産されるオリーブオイル約20万トンのうち約2.5万トンがオーガニック認証を受け、有機オリーブオイルとしては世界NO.1となっています。 ウィルノードでは所有するすべてのオリーブ園において、化学肥料や農薬は一切使わない自然栽培オリーブを栽培しています。 収穫も一つ一つの果実を丁寧に手摘みしてます。栽培からオリーブオイルの生産、保管、瓶詰めまで全て自社で行い安全管理をしています。 ウィルノードでは、年間約8,000〜9,000トンのオリーブオイルを生産しています。これは、チュニジアでもトップクラスです。

フレンチパラドックス

この「オリーブ油」は動脈硬化を予防し心臓病死を減らすことがいわれている。

これは「オリーブ油」にはエビデンスがいろいろ報告されているからです。

これはミネソタ大学(米国)のアンセル・キーズ博士が行った「7カ国研究」によるところが大きい。

同研究では、世界7カ国を対象に、食習慣と冠動脈疾患の発症率を調べ、その結果、イタリア南部やギリシャなど地中海沿岸地方に住む人は、高脂肪食に もかかわらず、同じ程度の脂肪摂取量である北欧諸国の人などに比べて血清コレステロール値が低く、冠動脈疾患死も少ないことが分かったからです。

その後も、フランスで行われた大規模研究で、「オリーブ油」をふんだんに使う地中海食は、動脈硬化が原因となる心臓病のリスクを減らすことが証明されている。

さらに、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす効果があることも確認されている。

米国心臓協会学術集会

2007年11月に開かれた米国心臓協会学術集会でも、地中海食は、心臓や血管の若さを保つ『血液サラサラ』メニューであることを示す研究結果が報告されました。

最後にこうした数々の信頼性の高いエビデンスを受けて、2007年11月1日には、米国食品医薬品局(FDA)は「オリーブ油」やオリーブ油を含む食品に対し、冠動脈疾患の予防効果を示すラベルの表示を許可しました。

これはあくまでサラダや生で油をとる方法で下がるのであって、フライや炒め、天ぷらをして食べる方法でないことです。

実験は以下のように行われた。

魚介類とたっぷりの新鮮な野菜を「オリーブ油」で食べる地中海食は、心臓や血管の若さを保つ『血液サラサラ』メニューで食事をした。

地中海食を4週間にわたって摂取する介入試験で、北欧食に比べ、血小板数、ApoーB、VEGF、LDLコレステロールなどが有意に減少し、炎症性要因が減って動脈硬化を防ぐ働きがあることが明らかになった。

スウェーデンのSahlgrenska University HospitalのMat Johansson氏が2004年11月10日のポスターセッションで報告した。

Johansson氏らは、平均年齢43歳の健康な成人22人(男性12人、女性10人)に対し、スウェーデン食と地中海食をウォッシュアウト期間を置いて4週間ずつ摂取させるクロスオーバー試験を実施した。

期間中、すべての食事は研究グループが調理し、提供した。

その結果、北欧食摂食後には135(mg/dL)だったLDLコレステロールが地中海食摂取後には104と大幅に減少したほか、トリグリセリドが 106(mg/dL)から88に、血小板数が22万7000(個/μL)から19万3000、ApoーBは103(mg/dL)から86へと、いずれも有 意に低下、『血液サラサラ度』が向上した。有意差は見られなかったが、白血球数とVEGFも減少した。

こうした結果についてJohansson氏は、「地中海食を摂ることで血小板数や白血球数などが低下し、炎症性が抑制される。これにより、血管内皮細胞の損傷が減り、血管再生因子であるVEGFの血中濃度が下がったのでないか」と推定していた。

小規模な非ランダム化の結果ではあるが、わずか4週間で低リスク群の動脈硬化要因が劇的に減少し、一般的な西欧食の問題点と地中海食の威力を同時に見せつける結果が得られたことは興味深い。

肥満でなやみ高コレステロール血漿でなやみLDLが高く注意されている方は、クシロ「低温圧搾低温工程オリーブ油」をお使いください。

また食前30分に水を1〜2杯飲み、毎食間に1杯の水を飲み200mlに1滴の「ラピス・エシュルン活性水EX・Q」を滴下しのみ、水の総量を自分の体重の1/3とり塩を「ソーラーソルト(自然塩)」3g/日飲んでください。

この方法でも体重やコレステロールも減り改善してくる。

一番いいのは酸化した油(酸化型コレステロールを含む食事)をとらないことです。

パン、アゲ(豆腐を揚げたもの)をふくめとらないことです。

コレステロールについて

日本人や中国人、韓国人など大豆を食べる人たちで、特に日本人はリノール酸を多く含む食品をたべコレステロールをあげていたり、飽和脂肪酸(パンに含まれるショートニング)がコレステロールをあげる。

FDAで実際使われている方法は具体的にFDAが許可した表示は、「1日約大さじ2杯(23グラム)のオリーブ油を摂取すると、それに含まれる一価 不飽和脂肪のために、冠動脈性心疾患の発症リスクが減少する可能性がある。この可能性のある効用を得るためには、同等量の飽和脂肪の代わりにオリーブ油を 使い、1日の総摂取カロリーは増やさないようにするのがよい」という趣旨の文言を含んでいる。

FDAは、ごく一般的に使われている食品に対する健康上の効用について、それを支持する信頼性の高いエビデンスがある場合には、ラベル表示を許可している。

これは、食品の健康に対する影響を明記することで、消費者が正しい情報に基づいて食品を選択できるようにすることが狙い。同時に、食品会社に対しても、健康によい食品づくりを促す目的もある。

コレステロールを下げるには、まず「まず飲水法」をいラピス・エシュルン活性水EX・Qをとる、これだけでもコレステロール値はさがってくる。

中性脂肪が高い人コレステロールが高い人は「オオバコ」「食物繊維」がその役目をします。

血糖値も高くコレステロールも高く体重もオーバーウエイトの方は「ACVアップルサイダービネガープラスウイズグリーンティ」をお使いください。これで体重が落ちた方が続出してきます。

ストレスが多く食べすぎの方には、飲水法をして「エシュルン活性水クリスタル掘廚函屮宗璽蕁璽愁襯函兵然塩)」を使いのどの渇きとおなかが減ったのを勘違いさせず水を飲んでください。

特に胃腸が丈夫なかたは、清涼飲料水の飲みすぎでふとる方が多くいます。清涼飲料水、アイスクリーム、果汁、牛乳などもカロリーが多くコレステロールがたまる。

ダイエットをする人は油脂を取らないこと、油脂はクシロの低温圧搾低温行程オリーブオイルを食べてください。普通のバター、マーガリン、普通のオリーブオイルパンにこれをつけて食べるのは避けてください。

また中性脂肪コレステロールの改善にガーリックオイルを利用ください。

にんにくは優位にコレステロールを下げますのでよくお食べください。

商品情報

商品名 クシロ薬局
チュニジア産オリーブの木 2年物
原産国 チュニジア
販売者 クシロ薬局
大阪府箕面市桜ヶ丘4-19-29
関連商品

今、売れています